睡眠時無呼吸外来

以下のような症状に思い当たる方は、睡眠時無呼吸の可能性があります

● いびきがうるさいと言われる

● 睡眠中、呼吸が止まっていると言われる

● 日中眠くなることが多い

● 寝ても熟睡した感じがしない

● 夜中何度が目が覚める

● 起床時の頭痛

● 高血圧、肥満、糖尿病などの持病がある

睡眠時無呼吸は運転中の眠気から事故を引き起こしたり、生活習慣病の原因ともなり得ます。また、最も恐い合併症は突然死です。健常な方に比べ、高血圧は1.37倍、夜間の突然死は2.6倍、脳卒中・脳梗塞は3.3倍と言われています。

当院では、検査のための入院は必要がなく、すべてご自宅で行っていただきます。いつもの慣れた環境での検査をおすすめします。検査で睡眠時無呼吸の診断となった場合は、CPAPを用いた治療の開始となりますが、当院にはCPAP療法士が2名在籍しており、CPAP使用中の様々なトラブルにも対応可能です。

 

※ 受診の際は、専用サイトからのご予約がおすすめです。

※ CPAP使用開始後はオンライン診療が利用可能です。

ページ上部へ戻る