ピロリ菌Q&A

 

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)について

Q.ピロリ菌って何ですか?

●ピロリ菌は胃の粘膜に生息している、らせんの形をした細菌です。
●ヘリコバクターの「へリコ」は、らせん形(ヘリコイド=helicoid)から命名されており、ヘリコプターの「へリコ」と意味は同じです。
●一方の端に鞭毛(べんもう)と呼ばれる毛が4〜8本付いていて、活発に運動することができます。
●胃には強い酸(胃酸)があるため、昔から細菌はいないと考えられていました。
●1982年にオーストラリアのワレンとマーシャルという医師が胃の粘膜からの培養に成功し、ピロリ菌が胃の中に生息していることを報告しました。その後のさまざまな研究から、ピロリ菌が胃炎や胃潰瘍などの胃の病気に深く関わっていることが明らかにされてきました。

Q.どうして胃の中で生きていけるの?

●胃には、強い酸(胃酸)があるため、通常の菌は生息できません。
●ピロリ菌は「ウレアーゼ」という酵素をもっています。
●この酵素を利用すると、ピロリ菌の周辺をアルカリ性の環境にすることができるので、胃酸を中和することによって胃の表面まで移動することができます。
●ピロリ菌は胃の粘膜の表面か粘液の中に住んでいます。そこは胃酸の影響がほとんどないため生息できるのです。

 

ピロリ菌に感染する原因について

Q.どのようにしてピロリ菌に感染するのですか?

●感染経路はまだはっきりとわかっていませんが、口を介した感染(経口感染)が大部分であろうと考えられています。
●ピロリ菌の感染率は、乳幼児期の衛生環境と関係していると考えられており、 上下水道が十分普及していなかった世代の人で高い感染率となっています。

Q.感染を予防する方法はありますか?

●わが国のピロリ菌感染率は、上下水道が十分普及していなかった時代に生まれた団塊の世代以前の人は高いのですが、若い世代の感染率は低くなり、10代、20代では欧米とほとんど変わらなくなってきました。
●衛生環境が整った現代では、ピロリ菌の感染率は著しく低下しており、 あまり神経質になる必要はないでしょう。

 

ピロリ菌の関係する病気について

Q.ピロリ菌はどんな病気を起こすのですか?

●ピロリ菌に感染すると胃に炎症を起こすことが確認されていますが、 ほとんどの人は自覚症状はありません。
●ピロリ菌の感染による炎症が続くと、感染部位が広がってへリコパクター・ピロリ感染胃炎になります。長い期間炎症が続くと、胃粘膜の胃酸などを分泌する組織が消失した状態(萎縮性胃炎)になります。さらに進むと、胃粘膜は腸の粘膜のようになります。その後、一部の患者さんでは、胃がんになることも報告されています。
●胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者さんは、ピロリ菌に感染していることが多く、 潰瘍の発症ならびに再発に関係していることがわかっています。

 

Q.ピロリ菌を除菌するとどうなるのですか?

●これまで慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の再発は、やっかいな病気と考えられていました。
●薬を服用することにより、ピロリ菌を退治する治療を「除菌療法」といいます。
●胃潰瘍・十二指腸潰瘍の人がピロリ菌に感染している場合、この除菌療法を行うことによって、完全というわけではありませんが、 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の再発が抑制されることがわかってきました。

 

ピロリ菌の関係する病気について

Q.ピロリ菌に感染している人は、みんな除菌した方がいいのですか?

●日本人のピロリ菌感染者の数は約3,500万人といわれています。
●多くのピロリ菌感染者は、自覚症状がないまま暮らしています。
●日本ヘリコバクター学会のガイドラインでは、ピロリ菌に関連する疾患の治療および予防のため、ピロリ菌感染者のすべてに除菌療法を受けることが強く勧められています。
●保険適用で除菌療法の対象となる人は、ピロリ菌に感染している人のうち、 ヘリコバクタ ー・ピロリ感染胃炎の患者さん、胃潰瘍または十二指腸潰瘍の患者さん、胃MALTリンパ腫の患者さん、特発性血小板減少性紫斑病の患者さん、早期胃がんに対する内視鏡的治療後胃の患者さんです。
●除菌療法が必要かどうかは主治医とよく相談してください。

 

Q.潰瘍の原因はピロリ菌だけなのですか?

●ピロリ菌以外の潰瘍の原因として最も重要なのが、非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAID)です。低用量のアスピリンの服用でも潰瘍ができることが あるので注意しましよう。
●お酒やタバコ、あるいは過度のストレスなどが潰瘍の原因となることがあります。
●ピロリ菌に感染していない(あるいは除菌した)からといって、決して潰瘍にならない(あるいは再発しない)というわけではありません。

 

Q.ピロリ菌と胃がんは関係ある?

●胃がんとピロリ菌は密接に関連しているといわれています。
●胃潰瘍、十二指腸潰瘍や胃炎などの患者さんを対象としたわが国の調査では、10年間で胃がんになった人の割合が、ピロリ菌に感染していない人では0%だったのに対し、ピロリ菌に感染している人では 2.9%だったと報告されています。

 

Q.胃がんを予防するためにピロリ菌を除菌した方がよい?

●ピロリ菌を除菌すると、新しい胃がんが発生する確率を減らすことができる可能性があります。
●早期胃がんの治療後にピロリ菌を除菌した患者さんは、除菌をしなかった患者さんと比較して、3年以内の新しい胃がんの発生が約1/3 だったと報告されています。
●WHO(世界保健機関)の国際がん研究機関は、ピロリ菌除菌に胃がん予防効果があることを認め、各国ごとにその戦略をたてるようすすめています。

 

ピロリ菌の検査について

Q.どのような検査があるのですか?

●ピロリ菌の検査には、内視鏡を使う方法と内視鏡を使わない方法があります。
○内視鏡を使う方法:これらの方法では、内視鏡により採取した胃の組織を用います。
・迅速ウレアーゼ試験⇒ピロリ菌のもつ酵素のはたらきで作り出されるアンモニアを調べて、ピロリ菌がいるかどうかを調べます。
・鏡検法⇒採取した組織を染色して顕微鏡で観察することにより、ピロリ菌がいるかどうかを調べます。
・培養法⇒採取した組織を用いて培養し、ピロリ菌が増えるかどうかを調べます。

○内視鏡を使わない方法
・抗体測定⇒血液や尿を採取してピロリ菌に対する抗体の有無を調べることにより、ピロリ菌に感染しているかどうかを調べます。
・尿素呼気試験⇒検査用の薬を飲み、一定時間経過した後に、吐き出された息(呼気)を調べて、ピロリ菌に感染しているかどうかを調べます。
・便中抗原測定⇒便を採取してピロリ菌抗原があるかどうかを調べます。
●ピロリ菌の検査は、これらのうちいずれかを用いて行われますが、 1つだけでなく複数の検査を行えば、より確かに判定できます。

 

 

除菌療法について

Q.ピロリ菌の除菌療法とはどのようなことをするのですか?

●除菌療法を受けるかどうかについて主治医とよく相談してください。
●ピロリ菌の除菌療法とは、1種類の「胃酸の分泌を抑える薬」と2種類の「抗菌薬」の合計3剤を同時に1日2回、7日間服用する治療法です。
●すべての治療が終了した後、4週間以上経過してから、ピロリ菌が除菌できたかどうか、もう一度検査する必要があります。
●除菌が成功した場合でも、まれに胃がんなどを発症することがあります。そのため、除菌が成功した後も定期的な検査を受けることが大切です。

 

Q.除菌療法の注意点は何ですか?

●確実にピロリ菌を除菌するために、指示された薬は必ず服用するようにしてください。(1種類の「胃酸の分泌を抑える薬」と2種類の「抗菌薬」の3剤を 同時に1日2回、7日間服用してください)
●自分の判断で服用を中止すると、除菌に失敗して、治療薬に耐性をもったピロリ菌があらわれることがあります。
●すべての治療が終了した後、4週間以上経過してから行うピロリ菌の検査 (除菌できたかどうかの検査)は必ず受けてください。また、検査に抗体測定を用いる場合はすべての治療が終了した後、6力月以上あけてください。
●副作用があらわれたと思ったら、主治医に相談してください。
●二次除菌療法の間は、アルコールの摂取(飲酒)を避けてください。

 

Q.除菌療法の成功率はどれくらいですか? 失敗した人はどうするのですか?

●正しく薬を服用すれば、1回目の除菌療法の成功率は約75%といわれており、最近では約90%とする報告もあります。
●一次除菌療法でピロリ菌が除菌できなかった場合は、2種類の抗菌薬のうちの1つを初回とは別の薬に変えて、再び除菌療法を行います(二次除菌療法)。
●二次除菌でも除菌できなかった方に、保険適応外となりますが、三次除菌、四次除菌も当院では行っております。

 

 

除菌療法の副作用について

Q.除菌療法の副作用にはどんなものがあるのですか?

●これまでに除菌療法の主な副作用として以下の事象が報告されています。
〇軟便、下痢:便がゆるくなったり、下痢を起こしたりすることがあります。
〇味覚異常:食べ物の味をおかしいと感じたり、にが味や金属のような味を感じたりすることがあります。
〇 GOTやGPT(肝機能の数値)の変動:肝臓の機能を表す検査値が変動することがあります。
〇アレルギー反応:発疹やかゆみがあらわれることがあります。

 

Q.副作用があらわれたらどうすれぱいいのですか?

●除菌療法の薬を飲むと下痢などの消化器症状、味覚異常または発疹を起こすことがあります。症状に応じて次のようにしてください。
●基本的には、ご自身で判断せず早めに主治医に相談してください。

 

Q.除菌療法が終了した後に生じる問題点が何かありますか?

●ピロリ菌の除菌が成功した患者さんのうち、少数の方に逆流性食道炎が報告されています。
これは、ピロリ菌の除菌によって、低下していた胃酸の分泌が正常に戻ったために一時的に起こると考えられています。
ただ、症状は軽微あるいは無症状の場合が多く、治療が必要となるケースはまれです。

 

 

ご予約

診療カレンダー

ページ上部へ戻る