スギ・ダニアレルギーに対する舌下免疫療法

舌下免疫療法とは?

一般的に、アレルギーによる鼻炎や結膜炎で受診をすると飲み薬や点眼薬などが処方されますが、これらの薬剤ではアレルギーの原因を根本的に治療することはできません。あくまでアレルギーによる各症状を和らげる、という治療で、対症療法と呼ばれています。対症療法では原因をなくすことはできないため、症状が出る度に(ひどい場合は)薬が必要となります。

アレルギーを根本的に治す方法として、アレルゲン免疫療法という治療法があります。アレルゲン免疫療法は減感作療法とも呼ばれ、アレルギーの原因であるアレルゲン(=アレルギーの原因となる物質)を少量づつ投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。

これまでアレルゲン免疫療法は主に薬剤を皮下注射する(皮下免疫療法)ことによって行われていました。しかしながら、皮下注射のため頻回に通院が必要であり、日本ではあまり普及していません。

そこで近年、皮下注射に変わって舌下投与型の治療薬が開発され、最近では舌下免疫療法が主体となっています。舌下免疫療法はアレルゲンのエキスを自分で服用するため、自宅で手軽に行うことができ、副作用が皮下免疫療法に比べて少ないのが特徴です。 現在のところ、国内ではスギ花粉症と、ダニアレルギーによる鼻炎に対して薬剤が認可されています。

期待できる治療効果

症状の改善

舌下免疫療法はアレルギーの原因物質に対するアレルギー反応そのものを改善するため、くしゃみや鼻水、鼻づまりなど鼻の症状のみならず、目のかゆみや涙目など目の症状、痒みなどの皮膚症状などにも同時に改善する効果があります。また、アレルギーによる症状が完全に消失しなくても、それまで使用していたアレルギー治療薬(対症療法)を減らしたり、中止することが可能です。
舌下免疫療法は即効性はありませんが、早い方で3ヶ月ほどで徐々に効果がでてきます。

アレルギー根治の可能性

これまでの治療データによると、3年以上継続治療をされた方の約30%の方で根治を得られ、約80%の方は症状が軽くなった、などの効果を実感しているといわれています。(残念ながら、効果がない方も20%程度存在します)

アレルギー体質の改善

ダニまたはスギのアレルギーに対し舌下免疫療法を行った方は、他のアレルゲンへの反応も改善されることが実証されています。そのため、例えばダニとハウスダストのアレルギー反応の強い方は、ダニアレルギーの舌下免疫療法を行うことにより、ハウスダストに対する反応も改善することが可能です。

治療期間

一般的に舌下免疫療法(ダニ、スギ)では3~5年間、治療を継続することが推奨されています。アレルギー症状の治癒(治療によって根治)や寛解(症状が楽になる)の状態になったら、治療は終了となります。ですが、治療終了後に、将来的にまた症状が再燃することが稀にあります。その場合はまた舌下免疫療法を再開することにより、すみやかに治療効果を得られるとの報告もなされています。

ダニアレルギーに対する舌下免疫療法(ミティキュア)

↓下記より詳細ページへ

スギアレルギーに対する舌下免疫療法(シダトレン)

ご予約

診療カレンダー

ページ上部へ戻る