痛風

痛風とは?

痛風は尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。正しい治療を受ければ全く健康な生活がおくれますが、放置すると激しい関節の痛みを繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓が悪くなったりする重大な病気でもあります。

痛風は血液の尿酸値が高い状態(これを高尿酸血症*と言います)が長く続きます。これを放置すると、ある日突然、足の親ゆびの付け根などの関節が赤く腫れて痛みだします。痛みは激烈で、耐えがたいほどの痛み(これを痛風発作と言います)です。痛風発作はたいていの場合、1週間から10 日たつとしだいに治まって、しばらくすると痛みはなくなります。炎症を抑える薬を服用することで治る事が多いですが、1年以内にまた同じような発作が起こることが多いです。そして、このような発作を繰り返しているうちに、足首や膝の関節まで腫れはじめ、発作の間隔が次第に短くなってきます。このまま無治療で経過すると、次第に腎臓が悪くなったり、尿路結石が出来たりする人が出てきます。最終的には重症の慢性痛風になる可能性も高いので放置するのは危険です。

また、血液の尿酸値が高い人は心・血管障害や脳血管障害の可能性が、尿酸値が正常の方より高い事がわかっています。これを防ぐためには尿酸値以外の動脈硬化のリスクにも注意する必要があります。

(*高尿酸血症:血液中の尿酸の量が増えて、その濃度が7.0mg/dLを超えた状態のこと)

 

尿酸とは?

尿酸は遺伝子を構成するDNAや、体内のエネルギーを担当するATP(これらはプリン体とよばれます)が分解されてできた老廃物で通常、人の体内では一日約0.6gの尿酸が作られます。この尿酸の産出が多くなるか、排泄が低下すると尿酸が体内に蓄積し、高尿酸血症の状態になります。

 

痛風はなぜ男性に多いの?

痛風にかかるのは20歳以降の男性が圧倒的に多いです。これほど男女差のはっきり した病気も少ないのですが、理由は痛風の原因である尿酸の血液中の濃度(血清尿酸値)が女性では男性より低いからです。女性ホルモンには腎臓からの尿酸の排泄を促す働きがあるからで、閉経後に女性ホルモンの分泌が減ると尿酸値は少し上昇します。従って、女性でも女性ホルモンが低下すると、 この影響は小さくなります。つまり50歳を越えると男女の尿酸値の差は徐々に小さくなります。しかし、女性が全く痛風にならないかと言うと、そうではありません。遺伝的な病気、薬物の影響、その他の特殊な状態により女性も痛風に なります。

 

 

痛風の診断は?

もっとも確実な痛風の診断方法は、痛風の発作中の関節の中に尿酸の結晶があることを証明することです。これで診断は確定します。ただしこの検査方法では、痛みのある関節に針を刺して行うため患者さんにとっては侵襲が大きいことなどの理由によりあまり広くは行われていません。痛風の症状は特徴的なので、専門知識を持った医師であれば症状や通常の検査結果で十分に診断が可能です。

痛風の診断予測の一例

評価項目
スコア
男性である
2.0
以前に関節炎の急性発作を起こしたことがある
2.0
1日以内の発症
0.5
関節の発赤
1.0
中足趾関節*を含む病変
2.5
高血圧など1つ以上の心血管疾患**がある
1.5
血清尿酸値 ≧ 5.88 mg/dl
3.5

心血管疾患**:狭心症、心筋梗塞、心不全、脳卒中、一過性脳虚血、末梢性血管疾患

当てはまる項目のスコアをすべて足した値によって痛風かどうかをある程度予測できます

4.0以下 痛風とは言い切れません
4.5~7.5 痛風かもしれません
8.0以上 痛風の可能性が高いです

ただし、似たような病気もあるので最終判断は医師にまかせてください。

ページ上部へ戻る