禁煙外来

禁煙外来とは?

喫煙も生活習慣病の1つです。喫煙は動脈硬化を促進し、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞などを起こしやすくします。
また肺癌、口腔癌、喉頭癌、食道癌など、多くの癌の原因にもなります。
長寿のための生活習慣病のトータルケアの一環として禁煙は非常に重要です。

禁煙できないのは、決して意志が弱いからではなく、ニコチンが強い依存性を有しているからで、このような喫煙習慣を「ニコチン依存症」と呼んでいます。
このようなニコチン依存症の方に対しては、保険診療でお薬を使って禁煙治療を行うことが可能です。

当院では保険診療による禁煙治療を行っております。
(禁煙治療中止後1年以上経過していない方のために自由診療での禁煙治療も可能です)
ファイザー製薬の禁煙補助薬「チャンピックス」と、ノバルティスファーマの禁煙補助薬「ニコチネル」が処方可能です。

禁煙を思い立った方は、ぜひ当クリニックをご利用ください。

 

保険診療で禁煙治療を受けるには

次の基準を全て満たす方は、保険診療による禁煙治療を受けることができます。
(これらの基準を満たさない方は全額自費診療となりますのでご注意ください。)

  1. ニコチン依存スクリーニングテスト(TDS)の結果が5点以上であること。(下表)
  2. ブリンクマン指数(1日の平均喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること。
  3. 直ちに禁煙を始めたいと思っていること。
  4. 禁煙治療を受けることに文書で同意すること。
  5. 過去1年以内に保険診療で禁煙治療を受けていないこと。

ニコチン依存症スクリーニングテスト(TDS)

設問内容
Yes
No
1
自分が吸うつもりよりも、多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
2
禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
3
禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコが欲しくて欲しくてたまらなくなることがありましたか。
4
禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重の増加)
5
問4での症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
6
重い病気にかかったときには、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
7
タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
8
タバコのために自分にいわゆる禁断症状が起きて、また吸うことがありましたか。
9
自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
10
タバコが吸えないような仕事やつきあいは避けることが何度かありましたか。

10問中、5問以上、YES(はい)の方は、ニコチン依存症です!

 

治療の流れ

最初の受診

  • ニコチン依存症スクリーニングテスト(TDS)を行います。
  • 息の中の一酸化炭素(たばこに含まれる有害物質)濃度を測定します。(1-2分)
  • 禁煙開始日を決定し「禁煙宣言書」に署名していただきます。
  • ニコチン切れの禁断症状に対するアドバイスを行います。
  • あなたに合った禁煙補助薬を選び、特徴や使い方を指導します。
  • 禁煙治療を開始します。

2回目の受診(2週間目)

  • 息の中の一酸化炭素(たばこに含まれる有害物質)濃度を測定します。
  • 薬の副作用や禁煙状況について問診を行います。
  • 禁断症状に対し、必要に応じてお薬を処方します。
  • 以後、5回目までこれらの治療を継続して行います。

3回目の受診(1か月目)

  • イライラや体重増加などの禁断症状が多くなってくる頃です。

4回目の受診(2か月目)

  • この頃になると、禁煙にもだいぶ慣れてきます。

5回目の受診(3か月目)

  • 最後の受診となります。
  • 今後も禁煙を続ける上での相談やアドバイスを行い、治療を終了します。

 

タバコ代と禁煙治療費、どっちが高い?

禁煙治療(自己負担3割として)は処方される薬にもよりますが、もっとも多く使用されている「チャンピックス」で禁煙治療を行った場合、約19,000円程度です。

1日1箱喫煙する方なら、12週間分のタバコ代より保険診療で禁煙治療を受けた場合の自己負担額のほうが安くなる計算になります。

 

 

※当院の禁煙外来は予約なく、いつからでも開始できます。

もちろん、ご予約を希望される方はトップページの予約サイトリンクから24時間ご予約が可能です。

ページ上部へ戻る