糖尿病

糖尿病は、神経障害、網膜症、腎症の三大合併症以外にも、心血管系へ悪影響を及ぼします。糖尿病は「サイレント・キラー」とも呼ばれており、初期の段階ではほとんど自覚症状はなく、気付かないうちに徐々に進行します。症状が出るほど悪化してしまうと、治療を行っても障害を受けた臓器や組織は元の状態に戻ることはありません。そのため、早いうちに発見し、早期の段階でしっかり対処することが大事です。
糖尿病治療としては、最も重要な運動・食事療法からお薬での内服治療、さらに必要な方にはインスリン療法の導入・指導も行っております。特に運動・食事療法に関してはじっくり時間をかけ、なるべく永く続くけられる方法を提案しています。


 

※ 受診の際は、専用サイトからのご予約がおすすめです。

※ 通院7ヶ月目以降はオンライン診療が利用可能です。

ページ上部へ戻る