骨粗鬆症

60歳になると急激に増える病気が「骨粗鬆症」です。
骨がスカスカになって、骨折しやすくなる病気です。
(日本人では65歳を超えると骨折する人が急激に増えるというデータがあります)

 

osteoporosis_age

 

骨の病気なので“整形外科の病気”と思いがちですが、実はホルモンが大きなカギを握っている“内科の病気”でもあります。
これまでは、スカスカになった骨を“これ以上減らさない”治療が行われてきました。
ところが、すでに減ってしまった骨を10年以上に渡って守るには限界があります。

 

そこで当院で取り入れた最新治療をご紹介します。

2年間の期間限定で、若くて新しい骨を造ることができるというものです。
スカスカの“骨を減らさない”のではなく、若い頃の骨に近づける“骨を増やす”治療です。
下の写真は、同じ患者さんの治療前と治療後の骨の写真です。
これだけ骨が増えたら、簡単には骨折しなくなります。

 

bone

左:治療前  右:治療後

 

札幌市内でも、多くの患者さんがこの治療を受けています。
骨粗鬆症による骨折・寝たきりは早期発見し、治療をすることにより防ぐことができます。
寝たきりにならないためにも、検査と治療でいつまでも自分の足で歩きましょう。

ページ上部へ戻る