生活習慣病

生活習慣病とは?

 以前は「成人病」と呼ばれていました。しかし、この名称ではあたかも加齢が原因で発症する疾患だと誤解を招くため、1996年に厚生省が「生活習慣病」と改称しました。

 生活習慣病とは、食事、運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣がその発症・進行に深く関与していると考えられている病気の総称をいいます。具体的には、糖尿病、 高血圧症、脂質異常症、肥満、痛風、心臓病、脳卒中などがあげられ、特に糖尿病、高血圧症、脂質異常症、肥満は「死の四重奏」とも言われます。

 

なぜ生活習慣病が悪いか

  日本人の主な死亡原因は、悪性新生物(がん)、心疾患(心筋梗塞など)、脳血管疾患(脳卒中など)ですが、これらの疾患に生活習慣が密接に関係しています。喫煙や飲酒などの生活習慣が肺がん、食道がん、肝がん、喉頭がんなど様々な悪性新生物のリスク要因となっています。また、糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病から動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中などの重症な合併症に進展する危険性があります。

生活習慣病

 糖尿病、高血圧症、脂質異常症はサイレントキラーと呼ばれ、自覚症状がほとんどないまま動脈硬化が進行します。そうして症状がないから、と無治療のまま放っておくと、ある日突然、心筋梗塞や脳梗塞などが起こり、取り返しのつかないことになりかねません。このような状態にならないために、日頃からの予防が大切であり、生活習慣を改善することでこういった疾患にかかるのを防ぐことが可能です。また、健康診断で異常を指摘された場合も「症状がないから」とか「自分はまだ大丈夫」などと思わず早期のうちから予防・治療を行うことが大切です。

 

ページ上部へ戻る