高血圧症

skype%e8%a8%ba%e7%99%82

あなたの血圧は?

 血圧は、体を動かしたり、寒さを感じたり、日常生活の中の動作や環境などで常に変動しています。例えば、運動をした後などは血圧が普段より高くなりますが、これは体の隅々まで充分な血液(酸素やエネルギーなど)を運搬するための正常な生理反応で、こうした一時的な血圧上昇は、高血圧症とはいいません。
 高血圧症とは、安静状態での血圧が正常者の血圧よりも慢性的に高い状態をいいます。血圧の正常値は、時代によって変わってきていますが、降圧目標血圧値は、年々厳しくなっていく傾向にあります。
 家庭で測定した血圧が、収縮期血圧(上の血圧)で135 mmHg以上、または、拡張期血圧(下の血圧)で85 mmHg以上に該当していれば、高血圧ということになります。病院やクリニックなどで測定した場合は、収縮期血圧(上の血圧)で140 mmHg以上、または、拡張期血圧(下の血圧)で90 mmHg以上、と基準値が若干高くなります。

高血圧診断基準

 

 

 血圧の目標値は年齢や持病(合併症)によって以下のように異なります。

家庭での血圧の目標値
下記以外
135/85 mmHg 未満
後期高齢者患者
145/85 mmHg 未満
( 目 安 )
糖尿病患者
125/75 mmHg 未満
慢性腎臓病患者
125/75 mmHg 未満
( 目 安 )
脳血管障害患者
冠動脈疾患患者
135/85 mmHg 未満
( 目 安 )

 

 

家庭用血圧計

 家電屋さんやドラッグストアで購入できる家庭用の自動血圧計ですが、大きく分けると手首で測るタイプと腕(上腕)で測るタイプがあります。手首で測定するものは正確な測定ができないことがあるようですので、腕(上腕)で測るタイプをおすすめします。

 

血圧の測り方

 一日の中で血圧は時間や環境によって常に変動しています。そのため、お薬の効果をみたり、健康状態を把握するための定期的な血圧測定は決まった手順、時間、環境で行うことが大切です。実際に当院でも推奨しているポイントが以下の通りです。血圧計のカフは心臓と同じ高さにします。

 起きてから1時間以内に、

 トイレに行ってから、

 薬を飲む前に、

 朝食を食べる前に、

 椅子に座って1~2分リラックスしてから測る

 高血圧の中でも早朝高血圧がこわいため、最低でも朝の測定だけはお願いしています。

 

なぜ治療が必要か?

 高血圧の状態を放置していると、血管に負担(血圧=血液の圧力)がかかるため、血管の壁が傷ついたり、柔軟性がなくなって固くなり、どんどん動脈硬化が進行します。高血圧症は、糖尿病や脂質異常症と並んでサイレントキラーと呼ばれており、自覚症状のないまま動脈硬化が進み、やがて心筋梗塞や脳卒中などとして症状が現れるのです。

 動脈硬化が引き起こす重大な疾患としては、心筋梗塞や狭心症などの心疾患、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの脳卒中、そして慢性腎臓病があげられます。

 

 

ページ上部へ戻る