ブログ

肝斑・シミ治療薬を開始しました

30~40歳代の女性に発症することが多く、目尻の下などに左右対称の色素沈着を引き起こす肝斑。

シナール+トランサミン

シミに対してはレーザー治療も有効ですが、肝斑に対しては、さらに色素沈着が起き悪化する恐れがあります。

このため、肝斑に対する治療としては、トラネキサム酸(+ビタミンC)を主体とした内服薬で行うのが通例となっています。

この度、当院でもこれらの内服薬を採用しましたので、肝斑でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

お値段・詳しくは⇒こちら

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る