肝斑

肝斑とは?

 肝斑とはシミの一種で、主に骨に沿って、あるいは目尻の下のあたりに、左右対称に現れるという大きな特徴があります。額に発症したときのシミが、肝臓の形に似ていることから「肝斑=Liver spots(Liver=肝臓、spots=斑点)」と呼ばれます。女性に多く、特に30~40歳代に発症年齢が集中し、高齢になってから発症することは殆どありません。だいたい50歳代後半まで症状が続き、60歳代以降になるとシミが薄くなったり消失することが多いと言われています。

 原因としては、ストレス、紫外線や慢性的な刺激(こすりすぎ)の他に、妊娠や避妊薬の使用を契機に発症したり、症状の悪化がみられることから、女性ホルモンのバランスが関わっていると考えられています。このような理由から、妊娠後期や更年期に悪化しやすいと言われています。

 

肝斑の治療

 一般的に美容クリニックなどで使用されているレーザーはシミに対しては有効ですが、肝斑に対しては色素沈着を起こし逆に悪化するおそれがあります。このため、肝斑に対する治療としては、トラネキサム酸(+ビタミンC)を主体とした内服薬で行うのが通例となっています。

 

トラネキサム酸 【トランサミン錠】

トランサミン

 トラネキサム酸は抗炎症剤(のどが痛い時など)や止血剤として医療現場で広く使用されています。

 メラニンを作るメラノサイトという細胞を活性化するプラスミンの働きを抑え、結果的にメラノサイトの活性を阻害し、色素沈着(=メラニン)を抑制します。

 1日1,500mg(1日3錠)が推奨量で、それ以下の用量だと効果がないことが多いです。

 

ビタミンC 【シナール配合錠】

シナール

 

 シナールはビタミンCのお薬で、レモンのように酸味があります。

 ビタミンCの色素沈着予防や、抗酸化作用などのアンチエイジング効果は広く知られていますが、さらにビタミンCには、沈着してしまったメラニン(色素)を分解する働きもあります。また、長期間服用することでシミだけでなく、コラーゲンの生成効果によりシワの改善やニキビの改善効果も期待できます。

 水溶性ビタミンであるビタミンCは摂りすぎても尿として容易に排出されることもあり副作用は殆どありません。

 

 

料金

 
料金(税抜)
トラネキサム酸 30日分
(トランサミン錠 90錠)
3,000円
ビタミンC 30日分
(シナール配合錠 90錠)
2,000円
トラネキサム酸 30日分
(トランサミン錠 90錠)
+ ビタミンC 30日分
(シナール配合錠 90錠)
4,000円
ページ上部へ戻る